みなさんは、本を読むのが好きですか?(笑)
今、気になっている本がありますか?(笑)

僕は小さな頃から本を読むのが好き☆
でも、頭は少しも・・・。(爆)
オヨヨ☆

さて、さて、昨日の”ひなぼこ”に「この週末に読み終えるぞぉ〜」と書いていたように本を読み終えたよ。(笑)
読み終えたその本とは、秦建日子さんが書いた「冤罪初心者 民間科学捜査員・桐野真衣」。
みなさんは、この本を読んだことがありますか?(笑)
この作品も、最後の最後まで犯人が誰なのか分からずよかったなぁ♪
秦建日子さんはテレビや映画にもなった「アンフェア」シリーズを書いた著者なんだけど、やっぱりいい☆
この作品もシリーズもので、1冊目は「殺人初心者・・・」で、2冊目が今回の「冤罪初心者・・・」ということもあって、『次は何でくるんだろう〜』と想像したりもして☆
「冤罪初心者 民間科学捜査員・桐野真衣」、おすすめの一冊です。(笑)

1ページ1ページめくる楽しみがあるって、なんていう幸せなんでしょうね♪






みなさん、この週末の予定はどんな感じですか?(笑)
お楽しみにしていることがありますか?(笑)

今週初めに少し体調を崩した自分だったということもあって(今はもう元気)、あっという間に迎えた週末。
実は、この週末にやりたいと思っていることがあるんだぁ。
それは、今読んでいる本「冤罪初心者 民間科学捜査員・桐野真衣」を読み終えること☆
あと2、30ページで読み終わるんだけど、この残りのページ枚数になっても犯人がまだ誰なのか分からない〜。
昨日の夜から続きが気になっているし、『さすが、秦建日子さん(著者)!』という思いの今でっす。(笑)
さぁ、できたら今日中に読み終えてスッキリとするぞぉ〜☆

みなさんにとって、楽しい週末になりますように!(笑)






先日、「買う本を選び中」というようなことを書きましたが、それを見てもらえましたか?(笑)

昨日、ちょっとした臨時収入もあったということで、その本を買いたい願望を行動にうつしてみました〜☆
2、3年ぶりぐらいに本を買ったんだけど、毎回大量に買う癖みたいなところがある自分。
今回も、めちゃ買いしちゃった☆
全部で9冊買ったんだけど、その中の1冊は『今年中に絶対に買う』と心に思っていた作品なんだ。

えっ!何の本を買ったのかって?(笑)
ふふふ♪それでは、今回買った本たちを下の方に書いちゃいますね。
こんな感じで〜す☆

ギリシア人の物語機〔閏臉のはじまり/塩野七生

冤罪初心者 民間科学捜査員・桐野真衣/秦建日子

竜と流木/篠田節子

嘘ですけど、なにか?/木内一裕

水の中の犬/木内一裕

絶対正義/秋吉理香子

インフェルノ(上)(中)(下)/ダン・ブラウン

ちなみに、『今年中に絶対に買う』と思っていた1冊は「ギリシア人の物語機〔閏臉のはじまり」でっす。
これから届く作品たちを実際に読むのはもう少し先になるかもしれないけど、今からその時が楽しみです♪
さぁ、どの作品から読み始めましょうかね〜。(笑)

本のめちゃ買い、最高☆






みなさん、最近、自分へのご褒美をしましたか?(笑)
今、自分に何を贈りたいですか?(笑)

実は、先月から決めていることがあるんだぁ。
その決めていることとは、今月に本を買うということ☆
現在、本を買いたい願望がふくらみ中〜!
それで、今は買う本をピックアップしているんだけど、いろいろと選んでいるうちに予算オーバー!!それでも、読んでみたい本はまだたくさんあって、本を買いたい願望も大変。(爆)
今回のうれしい悩みにも、そろそろ終止符を打ちたいと思っているので、めちゃ選び考え中☆
本を選んでいる時って、やっぱりワクワクするし、時間が経つのも忘れるぐらいに楽しい〜!(笑)
あ〜、どの本たちに決めようかな♪

今年もまた何もしていないのに「自分へのご褒美」というおいしさに飛びついちゃっている僕だけど、本を買った際はまた今回の結果を書きますね☆
その時はまたお付き合いをしてもらえたらうれしいです。(笑)





みなさん、おすすめの本や気になっている本などはありますか?(笑)

昨日の夜にふと思ったんだぁ。
『これまでの中の”本を読んでいる日数”と”本を読んでいない日数”を比べると、本を読んでいる日数の方が多いかもしれないなぁ』と。
そう思ったら、なんだか少しうれしくなったよ☆
ただ〜、残念なことに、本を読む人は賢いというよく聞くイメージからはかけ離れている自分なんだけど。(汗)

そう、これも最近感じたこと。
『本の行間や余白って、力があっておもしろいなぁ』って。
うまく言えないんだけど、行間や余白に文字にできない言葉というか、静かなメッセージみたいなものが感じられたんだ☆
まるで、行間や余白が本の中の空間デザインのようにも感じられたよ☆
こういうふうに行間や余白を感じたら、ますます、本を読むことが楽しくなってきました。(笑)

本って、やっぱりいいなぁ♪


それでは、今日の最後に、この一曲を♪

『中田ヤスタカさんの作品って、おもしろいなぁ』と思って、たま〜に聴いたりすることがある今日この頃。(笑)
まさか!”ひなぼこ”にきゃりーぱみゅぱみゅが登場するとは♪


もんだいガール/きゃりーぱみゅぱみゅ



ただ恋をしてるだけなの♪機械みたいに生きてるわけじゃない☆


”もんだいガール”、”もんだいがある”、こういうユーモラスなところも楽しくておもしろいなぁ。(笑)







みなさんは、映画にもなった本「世界から猫が消えたなら」は読みましたか?(笑)

以前にAQUAさんから”おすすめの本”と聞いていたこともあって、ずっと読んでみたいと思っていた作品なんだけど、昨日読み終わりました☆
なんだか興味がわくタイトルですよね♪
作品の内容の情報は何も得ずに読んだんだけど、読み始める前は『ファンタジーの世界でかためた感じなのかな!???』と思っていたら、その想像していた世界とは違ったし、久しぶりにいろいろなことを考えさせられたり胸がジ〜ンとなったりした一冊でした☆
読み終わった後、『映画も観てみたいなぁ♪』とも思わせてくれた作品だったよ。
これから読む人もいるかもしれないので、作品の内容には触れないけど、みなさんに僕からもおすすめの一冊です。(笑)
もし機会があった時には♪

みなさん、”おすすめ”や”お気に入り”の本があった時は、ぜひ、いつでも教えてもらえたらうれしいです。(笑)
どうか、よろしくお願いしま〜す♪





みなさん、今、読んでみたい本がありますか?(笑)

時間のある時には、時々、”好きな作家さんが新刊を出していないかな?”とチェックしているんだけど、今回はうかつだったなぁ。
昨日、そのチェックをしてみたら、なんと!昨年末に塩野七生さんの新刊が出ていたではありませんか〜☆

その本のタイトルは、「ギリシャ人の物語1 民主政のはじまり」。

「読みたい!読みたい!!早く読みた〜い!!!』
あっ、心の声が聞こえちゃった?(爆)

昨日、このことを知った時は自分のうかつさも感じたけど、それ以上に心舞い上がったし、テンションも上がりまくったよ。(笑)
ちなみに、この「ギリシャ人の物語」は3巻に分けられて構成されるみたいで、昨年末に出ている物はその1巻目らしい。
早く読みたい気持ちはいっぱいなんだけど、約3000円の代物なので、今すぐに買えるかどうかは微妙なところだけど、自分の中にある”絶対に買う物リスト”に即記入したよ☆
本でこんなにもときめけるなんて、僕は幸せ者ですね♪

塩野七生さんが書いた「ギリシャ人の物語1 民主政のはじまり」を読める時が今から待ち遠しいです。(笑)

みなさん、もし好きな作家さんやおすすめの本があった時は、ぜひ、いつでも教えてもらえたらうれしいで〜す♪

本って、やっぱりいいよね☆










みなさん、本は好きですか?(笑)
好きな作家さんがいますか?(笑)

2、3日前から僕が読み始めた本は伊坂幸太郎さんが書いた「火星に住むつもりかい?」。読み始めたばかりなので、おもしろいかどうかは分からないけど、やっぱり先を読むのが楽しみ☆
この前に読んでいた本が雫井脩介さんが書いた「火の粉」。僕は初めて読んだ作家さんで、時間の経った作品だったけど、おもしろかったので『またこの作家さんの作品を読んでみよう』と思っている今日この頃で〜す☆

そして、そして、少し前に本棚の整理をしちゃってみましたよん。
名付けて、気まぐれな整理!(爆)
読んだ本で好きな作家さんの作品以外は父に持って帰ってもらう予定なんだけど、思っていた以上にあったかな。
そんな本棚の整理をした後、『あ〜、何にもとらわれず、自分のペースで24時間本を読んでみたいなぁ〜』と一度だけでもやってみたい素敵なことを思っちゃいました。(笑)

やっぱり本も好きだなぁ☆

みなさん、おすすめの本があった時は、ぜひ、いつでも教えてくださいね♪












昨日、春頃から読み始めていた塩野七生さんが書いた本「皇帝フリードリッヒ二世の生涯(上・下)」を読み終わりました〜☆
塩野七生さんの作品なので出版された当時から『早く読みたい』という気持ちはあったんだけど、なかなか買えず今になってしまったけど、昨日読み終えて『やっと』の気持ちと『今回も読んで良かったなぁ』という気持ちを抱いたよ。
僕は歴史や歴史上人物を学ぶために読んでいるわけではないので、ちょっとしたことを聞かれても答えられないんだけど、言葉ではうまく表現できないものをたくさん感じました。
この作品が読み終わりが迫った頃には、ジ〜ンと胸が熱くなりながら読んでいたよ。
この作品で僕が感じたフリードリッヒ二世は、理想が羽ばたく想像力と情熱が溢れる行動力、人を引き寄せる魅力と生きた時代の先をいき過ぎていた先駆者でした。
思っていた以上に早く読み終わったことが示すようにそれだけ楽しく読めて、『「皇帝フリードリッヒ二世の生涯(上・下)」と出会えてよかったなぁ』という気持ちと『やっぱり僕は塩野七生さんの作品が好きなんだなぁ』と改めて感じている今日この頃です☆










みなさん、突然出会った印象に残った言葉や気に入った言葉などを何かに書き留めることがありますか?(笑)

少し前に「今読んでいる本<皇帝フリードリッヒ二世の生涯>が終わりに近づいてきていて、早く読み進めたい気持ちがふくらんでいる」というようなことを書きましたが、今もその感じは変わらず同じ☆
改めて、『この本の著者さんである塩野七生さんの作品が自分は好きなんだなぁ』とも感じている今日この頃です。(笑)
そんな中、昨日、この本でグッと心をつかまれた言葉があったので、今日はそれを書いてみようと思います☆


”苦難に出会うことは、何かをやろうとする人の宿命である。苦難を避けたければ、何ごともやらない生き方を選ぶしかない。ゆえに問題は、苦難に出会うことではなく、それを挽回する力の有無になる”


みなさんは、この言葉にどんな印象を受けたかな???(笑)
これを読んだ時、すぐさまパソコンに書き留める自分がいたんだぁ。
僕は大きなことを成す力もないし、大志も持っていない人間なんだけど、この言葉に心は奮え立ち熱くなったよ。
うまく言えないし、”何を”とか”何に向かって”とかなどは分からないけど、『もっと頑張ろう!もっとやらなきゃ!』という気持ちをグッと抱いたんだよね☆
半人前にも成長できていない自分なので、頑張らなきゃいけないことだらけだけど、先を見据えながら一歩一歩進んでいこうという思いです☆

やっぱりまだまだ楽しみながら頑張らなきゃね。(笑)