だんだんと追い詰められつつある今日この頃。
『このままでは、やばい!今日は勝負に出ねば負けるぅ〜!』という思いが70%!
今日は、勝負の日!!
みんな、僕が何のことを言っているのか分かったかな?
そう!☆KE・I・BA☆のことで〜す。
昨日も、勝負を挑んだレースで負けちゃったからなぁ。
ただ、ただ反省!トホホ!
あ〜、馬の神よぉ〜!今日は鹿児島県姶良郡...の僕の元へ〜!
★お願い★
あ〜、馬の神よぉ〜!昨日、ニンジンを食べなかったことをお怒りなのかぁ〜!
★近いうちにニンジンを食べますから★
あ〜、馬の神よぉ〜!僕の懐を温めてくださ〜い、今日!
★できたら家が買えるぐらいに★
あっ、今、「日頃の行いが悪いからだ」とみんなも思っていない?
それは、...。
なんか耳が痛いなぁ。(笑)
とにかく、来週の競馬への資金作りのためにも、今日の競馬は、勝負!勝負!勝負ぅ〜!
欲深いこの人間は、とことん欲深いで〜す。(笑)







≪おまけ≫
この”ひなぼこ”の一年半に向けての最初の一日目が競馬ネタ。
僕らしいでしょ〜う。(笑)
今日は最初にみんなへお礼を言いたいと思います。
「みんな、いつもこの”ひなたぼっこ Blog!”を読んでくれてありがとう!!みんなのおかげで、”ひなぼこ”も今日で一年目を迎えられました。みんなを感じられてきたからこそ、今日まで書き続けられてきました。今、素直にうれしいです。ありきたりな言葉だけど、本当にみんなこの一年ありがとう!!」。
今、まだ5,6行ぐらいしか書いていないのに胸が少しジ〜ンとしちゃってきているよ。

この”ひなぼこ”を書き始めたのは、まだ僕が気管切開をして半年と少しが経った頃だった。
その時から今日で一年が経ったわけだけど、”ひなぼこ”を書くことで多くのことが感じられ学んだものも多かったと感じています。
それは、言葉では表現できない大切なもの。
僕にとって、この一年はとても良い人生経験になったとも感じています。
もし”ひなぼこ”を書いていなかったら、今頃の僕は何をしていたんだろうと最近思うことがあるけど、きっと今よりも頭の器が小さな人間になっていたかもしれないなぁと思っているよ。
改めて、今日まで”ひなぼこ”を書き続けてきて良かったと心から感じています。

よくスポーツ選手などが新記録達成をした時に言う言葉で、「今日は通過点。これからも頑張ります。」というようなニュアンスのことを耳にすることがある。
僕はスポーツ選手などのように物凄い記録を達成したわけではないけど、今、なんとなくそういう気持ちが分かるような気がします。
”今日は通過点”
『ここで終わらせたくない。ここをゴールにしたくはない。まだ続けたい』という思いが
僕の胸の中にあります。
この”ひなぼこ”も、二年目に向けて、いや、まずは、一年半に向けて明日から書いていこうと思っています。
明日、明後日、来週、一ヶ月...と一年半に向けて、僕らしいと思えるような、またそう思われるような、
しるしをこの”ひなぼこ”につけていけたらいいなぁと強く思っています。

”ひなぼこ”を書いていて一番良かったと感じていることは、「みんなを感じられること」
実際にみんなと毎日会っているわけでもないし、肌に触れたわけでもないのに、”ひなぼこ”を通してみんなを感じられるんだぁ。
これは不思議なんだけど、本当だよ。
みんなを感じられることが、”ひなぼこ”を続けられている一番の原動力になっています。

「みんな、本当にいつもいつも読んでくれてありがとう!!これからも、”ひなたぼっこ Blog!”をよろしくお願いします。時には、ダメ出しもしてね。(笑)」

今夜は祝い酒でも飲もうかな。
案の定、今少し泣いちゃいそうで〜す。
みんなも経験をしたことがあると思う。
例えば、遠足や旅行の前夜、恋人との初デートの前日など、いよいよ明日は楽しみにしていた日を迎えることに対して、自分が少し興奮気味になっている感じを!
みんながそういう経験をしたのは何に対してだったのかな?(笑)
今、僕もだんだんと明日に向けて気持ちが舞い上がりつつあるものを感じているよ。
しかも、一週間ぐらい前から。
なんか子供のようだなぁと自分でも感じちゃっているよん。
えっ!明日、何を楽しみにしているのかって!?
もしかしたら、もう気がついた人もいるかもしれない。
もしそうだったら、うれしいなぁ。
明日、11月18日はこの”ひなたぼっこ Blog!”が一年目を迎えるんで〜す。
この”ひなたぼっこ Blog!”を始めた当初は、いろいろと試行錯誤をしながら書いていたけど、あっという間の一年でした。
まぁ、試行錯誤をし過ぎて、始めの1ヶ月分ぐらいの書いたものを間違って消しちゃったことが僕らしいと言えば僕らしかったし、残念と言えば残念だったかな。(笑)
いよいよ明日かぁ。
この”ひなたぼっこ Blog!”が一年目を迎えられると思うし、素直にうれしいし、素直に明日が楽しみ!
明日の”ひなたぼっこ Blog!”では、僕なりに感じる一年目を目一杯に表現して書きたいと思っていま〜す。
☆明日は何か良いことがありますように☆
みなさんは、何か新しいことを始める時、挑戦をする時、それは長続きする方ですか?
それとも、すぐに止めたくなる方ですか?
自分で言うのも何だけど、結構、僕は面倒臭がりやで〜す。
面倒臭がりやのうえに、”熱しやすく、冷めやすく”って感じ!
腰を上げるまでに時間がかかるんだぁ。
「お前はノロマなんだから、早く動き始めろぉ〜!」って、いつも自分に言い聞かせているよ。
でも、この性格もはまってしまっちゃえば長続きするんだぁ。
長続きすると、反対に止められなくなるんだよね。
実際に中学校卒業してから4年間は一日も休まず短歌を書き続けたし、今もあと2日でこの”ひなぼこ”も一年目を迎えるし。
ちなみに、この”ひなぼこ”を止めたいと思ったことはないよ。
時々、「一日、一日を大切にしていて凄いね。偉いね。」と言われることがあるけど、僕はそういう人間ではないで〜す。
そんなに出来た人間でもないし、真面目な人間ではありませ〜ん。
至って、不真面目!(笑)
でも、そんな不真面目人間の座右の銘の一つに、”継続は力なり”があるところもおもしろい感じがするけどね。
『いつも僕の傍には誰かがいてくれている。それは、昔も今も人のぬくもりの中で毎日を過ごしている』と、改めて、そのことを身をもって感じている今日この頃です。

生まれた時から今日までいつも僕の傍には誰かがいてくれている。
僕の場合、誰かの介助がないと日々の生活を成り立たせることはできないけど、最初に書いたことはそういう意味ではありません。
あと3日ほどでこの”ひなたぼっこ Blog!”が一年目を迎えることに当たって、そう強く感じているんだぁ。
今日までたくさんの人の中で自分は成長してきたんだなぁとも強く感じているよ。
幼い頃は家の方にお兄ちゃんやお姉ちゃんがよく遊びに来てくれていたことや普通の幼稚園に通えたことが、僕の生まれ持った病気に対しての考え方の基盤を築いてくれました。
中学・高校時代にも自分が本当に苦しい時には誰かが傍にいてくれました。
そして、今もたくさんの人達、友達に心が支えられています。
もちろん、家族からの支えもあります。

人は苦しい時を乗り越えたことが多いほど、人のぬくもりを感じられるのかもしれないなぁと最近感じるんだぁ。
まだまだ僕は未熟者だけど、人のぬくもりに触れて支えられたから、今日を迎えることができているんだなぁと感じています。
「みなさん、本当にいつもありがとうございます。これからも、迷惑などをかけてしまうことがあるかもしれませんが、よろしくお願いします。」



今週の”ひなぼこ”は、読んでもらっている人達からしたら、もしかしたら、『つまらない』と感じられるものかもしれません。
でも、今週で”ひなぼこ”が一年目を迎えるということで、特に、今感じることを記録としての意味でも、自分の気持ちを整理するという意味でも、書いておきたいので、そのつもりでよろしくお願いします。
最近、少し思うことがあります。
それは、”いつの日にか、生命の歌を歌ってみたい”ということです。
まだ漠然とした思いしかないけど、そう思う自分がいます。
なぜそういうことを思ったのかは、自分でも分かりません。
この思いが持続していけるものなのかどうかも分かりません。
ひょっとしたら、一過性のものなのかもしれません。
でも、今は”いつの日にか、生命の歌を歌ってみたい”という思いがあります。
僕は気管切開をしているせいもあって声は出せないので、声を出して歌う歌ではなくて、心が歌う歌を作り歌いたい。
その歌は、短歌や詩、このブログ、また別の場での文章の中に込めたものかもしれないし、もしかしたら、死をもって幕を下ろす僕の人生そのものが生命の歌になるかもしれない。
そのことも、今の僕には生命の歌が何に込められて表現できるかは分かりません。
現時点では、まだ分からないことだらけのことを書いてすみません。
ただ僕なりの生命の歌についてこう思っています。
その生命の歌には、喜び、怒り、悲しみ、嬉しさ、嫉妬など人間が持つ全ての感情と自分の人生経験も込めていつか作ってみたい。
そして、その歌が鼓動を打っているかと感じさせられるようなものを作り出したい。
その歌に触れた人達が感動などしなくてもいいと思っている。
その歌に触れた人達の心が耳障りかのように感じても構わないと思っている。
ただ一つ願わくば、その生命の歌に触れた時に、歌に触れた人達がほんの少しでも自分自身の鼓動を感じてもらえるものにはしたいなぁ。
出来が悪いこんな人間がこういう大それたことを言えば笑われるかもしれないけど、”いつの日にか、僕なりの生命の歌を歌ってみたい”という思いを胸に抱きながら、これから先も、前進していこうと思っている今日この頃です。
今から約10年前のことだけど、今も忘れられない朝があります。
約10年前の朝、その頃は現在の病棟と比べても、患者は重症化しておらず、また病棟の業務にも余裕があったので、朝の食事介助も、看護師さんと患者、1対1で行えていた古き良き時代の出来事です。

普段通りある看護師さんから朝の食事介助をしてもらいながら、いつもと変わらない様子で話をしていた時のことです。
その看護師さんが「私、もう少しで勤務移動かもしれない」と言ったので、僕は何も考えずに「うん。そうだね。」と答えた瞬間、突然に看護師さんの目から一粒、二粒と涙が溢れてきたんです。
頬を濡らす看護師さんを見て、僕は驚いたと同時に、ハッとさせられました。
僕の何も考えずに答えた一言が、看護師さんの胸にせき止めていた思いを涙へと変えることになったのかもしれないし、それに、かなりの疲れがプラスされていたのかもしれません。
ただ、ただ僕は「ゴメン、ゴメン、本当にゴメン。」と言うことしかできなかった。
なんて言葉をかけていいのかが分からなかった。
普通の人なら、目の前で泣いている人がいた時には、涙を拭ってあげられることができたり、時によってはそっと抱き寄せることもできたりして、行動で相手の気持ちを和らげることができるかもしれない。
でも、僕にはそれができない。
手足を動かすことができないのだから。
だからと言って、”涙を拭ってあげられるような言葉”が出てこない。
必死に頭の中でその言葉を探しても見つからなかった。
何とかしてあげたい、何かをしてあげたいと思っていたのに。
この時ほどに誰かに対して、自分の無力さや何もしてあげられない切なさを感じたことはなかった。
その看護師さんは、いつもいつも僕に対して良くしてもらっていて、本当は受け持ちでもなかったんだけど、周りにいる人達からは受け持ちと間違えられるぐらいに良くしてもらっていたのに、僕は何もできなかった、言葉一つもかけてあげられなかった。
僕の人生の中で大切な人のうちの一人だったのに。
その後もそれまでと変わらず親しくしていたけど、あの朝の出来事は忘れられない。

あの朝の出来事は、僕の人生の中で貴重な経験、大切な思い出となりました。
そして、その朝の出来事から、”いつか誰かの涙をそっと拭ってあげられるような言葉を見つけたい”と思うようになりました。
今もその言葉は見つけられないでいます。
その言葉を見つけるためにも、これからも自分自身を磨いていきたいと思っています。
みなさん、ご指導のほどをよろしくお願いします。

みなさんは、風邪などをひいていませんか?
もう最近は朝晩が寒くなってきたよね。
みなさんは、寒さに強いですか?
僕は暑さよりは寒さの方が強いで〜す。
先日、冬に向けてインフルエンザの予防接種をしました。
みなさんは、インフルエンザの予防接種をしましたか?
インフルエンザなんて、流行らなければいいのにね。
いつも僕は朝6時前には起きるんだけど、その時間の空はまだ真っ暗だよね。
『今、本当に朝?まだ夜じゃない?』と思っちゃうぐらいに真っ暗な空。
その真っ暗な空が少し少しずつ澄んだ空へ変わっていく様子を見ていると、また今日一日を頑張れる気持ちになるんだぁ。
実は、今日も寝坊をしちゃいましたぁ〜!
あっはっはっ!
最近はダメだなぁ。
冬眠モードに入ってきちゃって。
合コン♪合コン♪合コン♪
みんなは、合コンをしたことがありますか?
今の30代ぐらいまでの人なら、「合コンをしたことがある」という人も多いかもしれないなぁとなんとなく勝手にそう思っている今日この頃で〜す。
僕は、一度も合コンをしたことがありませ〜ん。
なので、僕にとって合コンは未知なる世界で、その場の流れや雰囲気など何一つ分からないんだぁ。
「どうしても合コンをしてみたい!」という強い思いはないよん。

しか〜し、無知は罪♪無知は罪♪無知は罪♪
この間、若い看護師さんが食事介助をしている時に、合コンの話題になったので、少しいろいろと聞いて社会勉強をしちゃったぁ〜!
ごく初歩的なことを。(笑)
例えば、「合コンはどのぐらいの時間するの?」、「楽しい?」、「どんな職種の人達と合コンをしたことがあるの?」と諸々と。
その看護師さんが、「次の合コンの予定は警察官と」って言っていたので、やっぱりそこは僕的には突っ込まないわけにはいかないでしょ〜う。(笑)
「いっそのこと、逮捕されちゃってきたら?」、「その夜は事情聴取だね。」、「反対に白衣の天使になっちゃえば?」、「やっぱり聴診器は必須アイテム!」とおバカなことを言って笑っちゃったよ。

初対面の人と話すのがあまり得意ではない僕は、「合コンを楽しめるかな?!」という気もしなくもない。
結構、猫の皮をかぶっちゃう方だから。(笑)
でも、ちゃっかりとその場の雰囲気に乗っかっちゃう性格の持ち主だから、人一倍楽しんじゃうかもしれないって気もするけど。
その看護師さんは、「合コンは友達を増やせる場でもあるからいいよ」と言っていた。
なるほどぉ〜!それも、良いなぁと思ったよ。

みんなも、良い人と出会えるといいよね。
もしかしたら、今日「運命の人」と出会えるかも。
もちろん、僕もそういう人に出会いたいで〜す。
このブログを作るために動き始めたのが、去年の今頃だった。
ありふれた表現だけど、まるで、昨日のことのようだよ。
そう!来週の土曜日でこの”ひなたぼっこ Blog!”も、一年目を迎えることになりま〜す。
本当にあっという間って感じがしています。
まだ”ひなぼこ”が一年を迎えるまでには少し時間があるので、その思いなどはまた今度書いてみようと思っています。
形的に言えば”ひなぼこ”は去年の11月18日に始まったんだけど、実際には去年の今頃の準備段階から”ひなぼこ”は始まっていたんだなぁと感じています。
そして、自分一人では始められなかっただろうなぁとも感じています。
自慢ではないけど、僕はパソコンが不得意ということもあって。
でも、”ひなぼこ”を始められたのは、”ひなぼこ”にもコメントをくれているnikoさんがブログの作り方を一から十まで教えてくれたおかげ!(笑)
もし”ひなぼこ”を始めていなかったら、今頃自分は何をしていたんだろうかと思うよ。
きっと、いや、確実に今よりも生活にめりはりは感じられなかったとも強く感じているよ。
nikoさん、この間もメールで言ったけど、「去年の今頃もnikoさんは忙しくしていたと思うけど、いろいろとブログの作り方を教えてくれてありがとう!!
これからは寒くなるけど、風邪などをひかないように気をつけてね。
またこれからも、よろしく!(笑)
nikoさん、またそのうちに一緒に遊ぼうね。」

今から”ひなぼこ”の一年目を迎えるのが楽しみ!!
どんな気持ちでその日の朝を迎え、そして、何を感じるのか。
最近、年を取ったせいなのか涙もろくなっちゃっているからなぁ。
もしかしたら、ハンカチオヤジになっちゃうかも。(笑)