今日、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が幕を閉じた。
初代王者に輝いたのは、王監督が率いる日本!
決勝戦の相手は、キューバだった。
試合結果は、10対6で日本の優勝!
最後まで緊迫をした試合だった。
この大会を通じて、久しぶりに野球の真剣勝負を見たような気がする。
僕は初めてイチロー選手が感情を表に出すところが見られたので、少しうれしかったし、印象に残った。

でも、野球の国際大会として常識的に欠ける部分も多かったと感じる。
日本が優勝をしたから良いじゃないとか、初めて行われた大会だったから仕方がないと言って見逃せることではないと僕は感じる。
一言で言えば、この大会のルールがアメリカ中心のように思える。
問題1
アメリカvsメキシコ、アメリカvs日本の試合でも疑惑の判定と言われるようなことがあったけど、なぜアメリカが戦う試合にアメリカ人の審判を起用をしたのかということ。サッカーでは考えられない。
問題2
なぜトーナメントの1回戦から予選でも試合をした相手と戦うのかということ。グループA1位vsグループB2位、グループA2位vsグループB1位というふうに工夫をしないと大会の面白味も半減をすると思う。
他にも大会を行う時期も問題があると思うし、投手の投げる球数が制限されていることもチームとしての作戦の幅を狭めているような気がする。
改善をするところはしていき、またより良い大会作りをしてほしい。

それにしても、今大会に出場をした日本は、本当にチームとしてまとまっていたんだなぁと試合後のイチロー選手や松阪選手のインタビューを見て感じたよ。
「今日でこのチームと別れるけど、寂しい気がする」と。

みんなは、「運命」というものをどのように感じ捉えていますか?
どちらかと言えば、あまり僕は「運命」や「迷信」などを信じないタイプ。
でも、一つだけ運命だったのかもしれないと感じていることがあるんだぁ。
そのことは本当に偶然だったんだけど、あまりにも一致し過ぎていてそう感じずにはいられないよ。

僕が気管切開(以後、気切と書きます)をした3月25日、この日に運命を感じている。
実は、僕は20歳前後の頃に二人の同級生、友達を亡くしています。
二人が亡くなった時、一週間近く僕は涙が止まらなかった。
それぐらいに仲も良かったし、とても良い友達だった。
そして、その二人の誕生日が3月24日と26日なんだ。
僕が気切をした日が、3月25日。
つまり、二人の友達の誕生日にはさまれていたんだよ。
今思えば、二人からも守られていたのかもしれないなぁと。
そう思ったら、僕も負けていられないなぁと感じるんだぁ。
時々、今も困ったことや何か問題があったりすると、「こんな時にあいつだったら」とか、「あいつがいれば」とつい思ってしまうんだぁ。

<その二人の友達へ>
これからも、頼りない僕を見守っていてくりぃ〜!
僕もファイトするからね。
よろしくっす!
もし突然に誰かから「君は誰と幸せなあくびをしますか」と聞かれた時、みんなだったら、どんなふうに答えるのかな?
一瞬、幸せなあくび!?あくびに幸せ!?って思う人も多いかな。
最近になって、僕もなんとなく×2だけど、想像で幸せなあくびは感覚的にこういうことかなと自分なりの答えに辿りついたんだぁ。

”恋人や親友、仲が良い友達などと過ぎる時間も忘れ夜が明けるまでいろいろなことを語り合う一夜。
そして、夜が明けるとともにその相手とは別れて、それぞれが、それぞれの生活の場へと戻っていく。
久しぶりにした徹夜。凄く楽しかった徹夜。
でも、やっぱり少し眠気を感じあくびをする。
そういう時のあくびは、幸せなあくびなのかもしれないね。
これが、自分なりの「幸せなあくび」で〜す。

もう何年も幸せなあくびはしていないかもなぁ。
友達のみんな、そのうちに一緒に幸せなあくびをしようね。

ちなみに、「君は誰と幸せなあくびをしますか」というのは、槇原敬之さんのアルバムのタイトル名でした。

やっぱり今週は、きつかったなぁ。
月曜の夜に熱が出て火曜から点滴も始まったんだけど、昨日から熱も下がった状態で落ち着き始めたよ。
気分も、普段の時と変わらないぐらいに良くなったよ。
今はこのまま落ち着くようにと祈るのみ。
なんちゃってね。(笑)
今回は、早めに点滴をしたからひどくならなかったのかもと思う今日この頃。
毎日、両親も見舞いに来てくれたし。感謝!感謝!
3度目の正直、来週の月曜に採血などの検査をする予定っす!
多分、この検査結果が良ければ点滴からも解放されると思うよ。
間違えない!(笑)
今までの2度の検査結果も良かったんだけどね。
何か身体の中で、春の運動会でも始めちゃっていたのかな。

とにかく、遅くとも来週の水曜までには完全復活をせねば!
完全復活をしたところで、気管切開をしてから一年が経つ3月25日を迎えたい。
もちろん、楽のみ(コップ)に焼酎『赤霧島』を注いで。(笑)

丁度、一年前の今日は、僕が気管切開(以後、気切と書きます)をすることの引き金となった出来事が起きた日。
一昨年の暮れに飲み物をひっかけてから、僕の身体の具合は本調子に戻らなかった。
いつもなら、ひっかけても時間をおいたら身体の具合は戻るのに。
身体が本調子に戻らないままに約3ヶ月が過ぎた一年前の今日、3月17日の夜に気切をすることへとつながっていく出来事を起こす。
これも、またやっぱりお茶をひっかけてしまった。
昔から食べ物や飲み物をひっかけて、数え切れない程に危ない経験はしてきている。
特に、この日は低血糖を一日に2回も起こしていて、とにかく何かを飲んでおかなければいけないという思いが強かった。
今までに一日に2回も低血糖を起こしたことがなかったので、僕もどこか精神的に余裕がなかったのだろうと思う。
そして、その出来事は起きた。
苦しいのは一瞬、父が看護師さんを呼び叫ぶ声が聞こえたと思ったら僕は意識を失っていた。
意識が戻った時には、口からそうかんを入れていた。
後から話を聞いたら、その日はドクターや師長さんたちの会議があって、会議に出ていたドクターや師長さんたちが駆けつけて来てくれたらしい。
本当に運が良かったとしか言いようがないと思う。
この出来事が起きて数日間で家族と僕は、気切をするかしないかの決断を下さなければならない。
僕は、気切をしないという考えの持ち主だった。
しかし、結果的に今は気切をして生活をしている。
それまでの気切をしないという考えが変わったのは、両親に泣かれたことが直接的な理由ではない。
気切をすると決断をした一番の理由は、「時」を感じたからです。
時=タイミング
人生において、何をするにもタイミングというものはあると思う。
いかに、そのタイミングを間違えずに感じることが難しいことでもあり重要なことでもあると感じている。
早過ぎても遅過ぎてもいけない。
時を感じた時には腹をくくって行動を起こすことが必要。
この考え方が気切をさせることになった。
そして、気切の手術を受ける2005年3月25日を迎えました。
「やっぱりそっちを買っておけば良かったかぁ〜!」とか、「またかよぉ〜!」とかなどと週末はよく嘆いているよ。
ちなみに、これは競馬での話で〜す。

よくあるんだよね。
大穴(配当が高い馬)の馬が気になっているけど、「まさか、ねぇ〜!」って感じで、その馬の馬券は買わずに違う馬の馬券を買った時に限って気になっていた大穴の馬が勝つことが。
それで、10万馬券(100円買った場合、配当が10万円)が出た時には、守りに入った自分を、少し!?かなり!?責めちゃうよん。
100円で、10万円!
半日は引きずっちゃうよね。そして、夜は反省会。トホホ!
競馬歴約6年のこの男は、つくづく思ふ。
「あ〜、やっぱり自分は勝負師ではないなぁ」と思いつつ、また新たな勝負に挑んでいるおバカな男で〜す。(笑)

”勝負は時の運”
この言葉を肝に銘じて!
今年のテーマは、「思い切って!」っす!

あ〜、昨日の昼から39,0度の熱が出ちゃいましたぁ!
だけど、今朝は熱も下がっていたよ。でも、まだ頭が痛いけど。
それで、昨日の昼からは採血とレントゲンを撮ったんだけど、特別に検査結果も悪くなくて少し一安心。
その採血が大変だったよ。
元々、血管が出にくい僕は注射が大の苦手。
案の定、何回か手にさしたけど必要とする量は出ないまま。
結局、確実にとることができる「股」の間から採血をしたよ。
股、股、股だよ。
みなさんも想像をしてみてちょ!せっかくの機会だからねん。
当人の感想ー今までも股の間から採血をしたけど少し痛いかな。でも、思ったより痛くはないよ。痛みよりも、気持ち的に「うぅ〜っ!」って感じ。
さぁ、今一度ご想像を!

現在、点滴中で〜す。
ひどくならないうちに点滴をしたんだぁ。
”念には、念を”という言葉もあるしね。
やっぱり点滴も採血と同様に大変だったぁ〜!
看護師さんも僕も、「入れぇ〜!」の思い一つ。
時間にして、約1時間のバトル!
バトルを終えて、安堵のため息。

熱は下がったものの少し頭が痛いので、ブログを書くにも集中をし切れていないところもあるけど、明日は今日よりも本腰を入れて書けるようになっていると思います。
また「ひなたぼっこ Blog!」を見てくださいね。

みなさんも、健康管理には気をつけてくださいね。
僕も、人のことは言えないけど。(笑)

毎年、この時期になると体調を崩すことが多い。
寒いことも関係をしているかもしれないけど、今までも風邪や大きな肺炎を起こすのは、2月と3月。
なので、この時期は少し用心をしているんだぁ。

昨夜、風邪ではないけど少し微熱が出た。
熱の方は高く上がらなかったけど、脈が120までなって呼吸が少しだけきつかった。
いつもは人工呼吸器をつけて呼吸をしているけど、昨夜は2回ほど「アンビュー」といって人の手で呼吸をさせる道具を使った。
アンビューは、いつも移動をする時やお風呂などで使っている道具だから心配をする物ではないよ。
そのアンビューを使って呼吸を整えたよ。

今朝は微熱も下がっていたけど、まだ身体がきつく本調子ではないんだぁ。
なので、今日は何もせずにゆっくりと過ごそうと思っています。
それでは、今日はこのあたりで。

時が経つのは早いもので、今日で甥っ子が生まれてから5ヶ月になる。
この間、弟のお嫁さんから「5ヶ月になるんですよ」とメールをもらい、「もう、そんなになるんだぁ」と思ったよ。
よく子供の成長は早いものと耳にすることがあるけど、甥っ子に会う度に、そのことを肌身で感じまするぅ〜。
それだけ僕も...になっているということだけど。(笑)
時々、思うんだぁ。
もう少し甥っ子が大きくなっていろいろなことに興味を持ち出した時に、気管切開をしている僕のような者を見て、いったい甥っ子はどんなふうに感じるのかなと。
楽しみなようで、ちょっぴりと不安なようで。
でも、やっぱり楽しみかな。
来週、甥っ子たちが遊びに来る予定だよ。
どんな成長ぶりを見させてもらえるかな。(笑)

時が経つのが早いという話に関連をしてもう一つ。
実は、来週の土曜で僕が気管切開をしてから一年が経つんだぁ。
いろいろと感じることが多かった一年だったよ。
そういうこともあって、今週、来週と気管切開の話題が多くなるブログになるかもしれない。
これからも、よろしくお願いしま〜す。

時間があった時はインターネットで懸賞をしていることは、今までのブログでも何度か書いている。
お目当ての物は、食べ物、飲み物、電化製品、現金など。
いまだにお目当ての物は当たらずじまいっす!
トホホ!

今日は、そんな懸賞生活での珍話を初公開で〜す。
少し前の話になるけど、
いつものようにメールをチェックをしていたら幾つか届いていたメールの中に、なんと懸賞の当選メールがあるでないかぁ〜!
僕のテンションは、一気にハイへ!
しかし、ここからが今日のポイント1!
その当選メールをよく見てみると、「3万円」か「5万円」の現金に応募をしたはずのものが商品券1000円って書いているではありませんか。
つまり、おまけ賞ないし参加賞のようなものだったのねん。
一気に上がったテンションは、一気に...。
そして、今日のポイント2!
テンションは下がってしまったものの、せっかくだからと思い、その商品券1000円を使おうかなと思ったまではまだ良かったけど。
ここで、またプチショック!
その懸賞を応募をした店は、ある宝石屋。
それで、そこの店のホームページを開いて商品を拝見をしたところ、やっぱり宝石屋だよね、1万円以上の商品ばかり。
「これでは、手が出せませ〜ん」って感じ。
結局、商品券1000円は使わなかったではなくて、使えなかったよぉ〜!
「まぁ、そんなに人生は甘くないぞぉ〜!」って少し苦笑い。

現在、懸賞で当選をしたものはその参加賞のようなものだけっす!
これにへこたれることなく、これからも!
目指すは、「当選」の二文字!!